家計・家事

ホットクックで沖縄郷土料理に挑戦!(イカスミ汁)

今日は子どもたちを公園で思いっきり遊ばせた後、鮮魚店によると鮮度の良いトビイカが売っていたのでイカスミ汁を作ることにしました。
ホットクックでのイカスミ汁の作り方をレシピ検索(@Google先生)したんですが、見つけることができませんでした。イカスミ汁は沖縄ではメジャーですが世の中ではマイナー料理だと思うので無理ないですね。こんな時ホットクックは手動で作ることができますので挑戦してみました!!

ホットクック大好きなんです。

 

自動調理鍋のススメ:ホットクックを買う→家時間の余裕を買うこんにちは。”じょう”です。今日も小金持ち目指してコツコツ活動していきます。 我が家の時短家電についてです。食洗機に続き、シャープ...

 

イカスミ汁とは

そもそもイカスミ汁ってなんなのかといいますと、沖縄の郷土料理です。

そのままですが、イカ墨を使って作る黒い汁物で、イカと豚肉をかつおだしで煮立てて作ります。

本来ならこのイカスミ汁は沖縄では昔から薬膳料理のように扱われていて、病気やかなり疲労が激しい時に食べる養生料理でした。昔は健康であればあまり口にしないものだったようで、沖縄の女性の産後定番メニューだったと聞きます。

現在では、沖縄の食堂などでも普通に食べることができます。濃厚な墨の味がなんともクセになります。口が真っ黒になりますが、おいしいし元気になりますのでぜひぜひ食べてみてください。

材料

5〜6人分です
【A】
・イカ(今回はトビイカ):1杯(500g)
・豚バラ肉:100g
・大根:4cmくらい
・にんじん:2cmくらい
・ニンニク:1片
・白だし:大さじ6
・水:1000ml
【B】
・イカ墨:1杯分
・イカ墨(市販):30cc
・味噌:大さじ3

 

作り方

・【A】の材料を食べやすい大きさに切ります。

今回トビイカは鮮魚店のおばちゃんに切ってもらいました。

材料をホットクックに投入して、水・白だしを入れます(今回は手抜きで白だしを使用しましたが、余裕があればかつおだしがいいです)。

あとはホットクックで手動>30分 GO!!

30分後、【B】を投入して5分追加加熱!!

完成!!!!!

実食

やっぱおいしい!

大成功!!おいしいイカスミ汁を手軽にホットクック(放っておくクック)で作ることができました!

新鮮なイカが手に入ったらまたイカスミ汁作ります!!

 

おまけ

今回のイカスミ汁には全然関係ないですけど、1ヶ月ほど前に自宅近くの海で釣ったイカです。この子は刺身とソテーで食べました。海の恵みに感謝!!

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!