育児

イヤイヤ期の現場レポート

読みに来てくれてありがとうございます!

”じょう”です!今日も小金持ち目指してコツコツ活動していきます!!

今日は子育てについてです。

我が家は5人家族(夫婦と子ども3人)なのですが、真ん中の子が絶賛イヤイヤ期です。

長男6歳😁
次男2歳😡←★今ココ(イヤイヤ期)
長女0歳👶

何でも「じぶんでやる!」。何を提案しても「イヤ!」。子ども成長に大切な時期だと理解してはいますが、イヤイヤ期って本当に毎日大変ですよね。長男の時は子ども一人ということがあって夫婦で協力して何とかやってこれたのですが、今は子ども3人のうち真ん中がイヤイヤ期突入で、下の子も手がかかるし長男の時の比にならない毎日がピンチです。

私的に特にキツいのは外で泣きじゃくっている時で、側から見ると虐待しているじゃないかって疑われそうなくらい暴れて泣き叫ばれてダウン寸前になることもあります。

本人も悪いことをしているわけではないですし、どうしようもないことが毎日ずっと繰り返し起こる中で、イライラせずにいられる人っていない気がします。私も限界を超えた時には噴火することがあります。その後、反省といいますか、すごく後味悪い気持ちが続きます(寝顔とか見ると自分を責めてしまいます)。

このままサンドバック状態だと妻か私がいつか力尽きてしまうので、とりあえず状況をまとめてみて華麗に乗り切る作戦を考えてみます。

イヤイヤ期とは

イヤイヤ期とは、子どもの自己主張開始時期のことです。イヤイヤ期には個人差があって、成長の過程で必ず通るようです。いちばん多いのが1歳半~3歳。親にとっては困った時期なのですが、子供にとっては自立の第一歩で、とても大切な時期。少しづつできることが増えて「自分でやりたい!」という意思が大きくなりますが、意思があるだけでまだ自分をコントロールできないので、状況や時間を考えずに、やりたい・やりたくないという思いに真っ直ぐに行動します。これを抑えられるとイヤイヤ行動となってしまうようです。

イヤイヤ期を思いっきり過ごせると、やりたい気持ちを十分に満たされて、意欲的に成長すると言われているようです(逆に、抑えつけすぎると、興味があることをやらせてもらえず、消極的な性格になると言われている)。

イヤイヤ期ってどんな感じ?

ここ1〜2週間くらいでも、色々なことがありました。

●突然、アンパンマンを懲らしめる(普段はアンパンマン大好き)。

●寝言で突然「イヤだぁぁぁ!」。なお、私はドキドキして目が覚める。

●朝、起きた瞬間「イヤァ!」いや、起こしてない。自分から起きてきた。

●ごちそうさまの後、「お金ほしいー!なにか食べたいー!!」とシャウトしてキレる。

●風邪ひいて病院からもらった薬が甘くて美味しかったらしく「もう1回」とおかわりをせがむ。おかわりなんてあげれないので、キレて最終的に床に寝そべって全身思いっきり脱力。

●毎日ずっと長靴。晴れてあまりに暑い日にたまらず取り替えようとする暴れる。

●プレーンヨーグルトにかけるオリゴ糖が飲みたい→ダメ!→イヤァ!!!!」

毎日の壮絶な様子を見ている長男は、自分にもイヤイヤ期があったと聞いて引いてました笑

イヤイヤ期を乗り切る作戦

あらゆる角度からイヤイヤ攻撃を仕掛けてきますので、これまでやってきた対処、今後はこんな対処をする。というのをあらかじめまとめてみます。これで、いざイヤイヤ攻撃を受けた時に華麗に余裕で対処できるようになれるはずです。

居座る

例:出かけたくないと言って着替えしない、靴も履かない。声をかけても聞こえないふり。

これまでやってきたこと:強制的に連れ出す。

今後やってみること:気分が変わるまで待つ。「イヤだよね」と気持ちに寄り添ってみる。それでもダメなら強制的に連れ出す。

暴れる

例:歯磨きを嫌がって歯ブラシを投げつける。保育園に向かう車の中でのけぞったり足をバタつかせたりする。

これまでやってきたこと:耐え忍ぶ。

今後やってみること:その場から離れられる場合、一人にしてあげる。ダメなら耐え忍ぶ。

ご飯で遊ぶ

例:ご飯をぐちゃぐちゃにして食べない。飲み物をわざとこぼす。

これまでやってきたこと:すぐに片付ける。

今後やってみること:さっと片付けて今度はぐちゃぐちゃしないよと約束。繰り返す場合は泣いても片付ける。

食卓に来ない

例:ご飯いらないと言って遊び続ける。

これまでやってきたこと:強制的に連れてくる。

今後やってみること:「一緒に食べよう」と声かけする。それでも来ない場合、食事を片付ける(お腹が空いていないことが多いため、ご飯はいつでも食べられるものでなく、決まったタイミングでしか食べることができないものだと伝える)。次の食事やおやつを多めにして補てんする。

寝ない

例:「寝たくない」と遊びだす

これまでやってきたこと:イヤイヤぐずっていても電気を消してしまう。

今後やってみること:これまで通り電気を消すが、早寝早起きして、起きたら遊びの続きをしようと約束する(起きた後に時間をとって遊ばしてあげる。)

 

なんか、あらかじめ対処を考えていても華麗に乗り切れるイメージが湧きません。

地道にやっていくしかなさそうです。ただ、意思を尊重してあげることが大切だと再認識できたため、今後はできる限り寄り添ってあげようと思います(ケガしたりさせたり、人に迷惑をかけるような行為はすかさず止めます・・・気が抜けない)。

まとめ

キングジョー夫婦の場合、きっちりやらないといけないと思い込んで、精神的に追い込まれがちなことがあります。何にしても、意識的に諦めることが本当に重要だと思います。

頭では分かっていても、人間どうしてもキツくなることがあります。いつか終わりが来ると信じてやっていくしかない(ウチは0歳初めての女の子が次に控えてますが)。

将来子どもが大きくなった時、イヤイヤ期ですらも懐かしく思ったりするんでしょうか。できる限り今の瞬間も楽しみながら、感謝しながら過ごしていきたいと思います。

最後まで読んでくれてありがとうございました!!

 

子育てのイライラを軽減する方法(アンガーマネジメントで「怒り」とつき合う)私がアンガーマネジメントと出会ったのは、勤務する会社でアンガーマネジメントの研修が開催されるとのことで、参加募集があったからです。 ...