育児

子どもから学んだ「自分で決めることの大切さ」

読みに来てくれてありがとうございます!
”じょう”です!今日も小金持ち目指してコツコツ活動していきます!!

我が家は5人家族(夫婦と子ども3人)なのですが、今、一番上のお兄ちゃんが絶賛成長中です。

長男6歳😁←★今日はこの子
次男2歳😡(イヤイヤ期)
長女0歳👶(ただただ天使)

少し前と違い、ごはんをよく食べてよく遊び、幼稚園や習い事にとても意欲的になっています。

明らかにきっかけがあったと感じていて、それは「習い事を自分で決めた」ことです。そこから長男は毎日やる気満々でパワーがあり余るほど活きいきしています。

いろいろ迷った習い事

習い事をはじめたきっかけは、保育園教育の補完でした。長男が通っていた保育園はモンテッソーリ教育という教育法を取り入れていて、特徴である「お仕事」と呼ばれる教具を使った作業を毎日1〜3時間室内でコツコツやるのですが、それが本人に全然マッチしなかった。。。室内でコツコツ系では好きなことを見つけられず四苦八苦していて、保育園は友達と遊ぶのは好きだけどそれ以外大嫌いという感じでした。本人の特性的にも、室内でコツコツ系より、動的な遊びなどで本人の発達をフォローしてほしいと保育園からお願いされるような状況でした。

習い事は、3歳からプール、更に4歳からバスケをやってもらいました。静的な学習に対しても可能性を探るため4歳からベネッセのチャレンジもはじめました(小学生になったとき勉強についていけるか不安でやっていた)。

●プールやバスケ:やらされ感すごい。最終的には、毎回行きたがらない長男に親がお願いして通ってもらうような状況。

●チャレンジ:こちらもすごいやらされ感。集中力が維持できずふざけたり投げ出したりで進まない。

「こうあって欲しい姿」↔︎「実際の状況」にギャップがありすぎたし、親のエゴを感じて結構ヘコんでいました。。。

自分から「やりたい」がでてきた

幼稚園に入っても習い事には苦戦が続いていました。ただ、幼稚園は好きなことがある程度できる環境で、長男にはフィットしている様子です。幼稚園で過ごす中で「速く走れるとかっこいい。」という価値観が芽生えたようで、私に「速く走れるようになりたい」とかけっこの教えをこうようになりました(私は幼い頃から陸上とバスケをしていたので少々の知識があり教えることができました)。

私と長男は公園や空き地でトレーニングしていたのですが、無理やりさせている習い事とは打って変わって意欲的で夢中になって取り組んでくれました。そうやって陸上に対するアンテナがたつと、住んでいる地域に県内No1の陸上クラブがあることに気づきました。そこから「見学→体験→入会」はトントン拍子でした。陸上クラブ入会とともに、プールとバスケは退会しました。

いい影響は波及する

陸上クラブのトレーニングは週に3回あるのですが、2020年10月に入会して2ヶ月間は一度も休まず通えています。トレーニングがある前日から楽しみで仕方ないようです。

子どもの変化

習い事以外にも良い影響が出始めました。ごはんをよく食べる、早寝早起きする。やりたいことや課題があるときは自分から「こうしたい」と提案する。年下の子を気にかけるようになった。と、挙げるとキリがないほどです。トレーニングをコツコツと積み上げていることが全般的に自信になっているようで、幼稚園も楽しそうに通っています。

親への影響

自己決定の重要性

改めて自分で決めることの大切さに気づきました。子どもに限ったことではなく、私自身に置き換えると会社でも一緒です。会社や部門の方針は理解した上で自分の意思を表明することが大切です。会社としても、社員が意志を持ち自分で決めたことを推進できる環境づくりを一緒に目指すことがWin-Winだと思います。仕事という括りなら、会社だけにこだわらず自分だけの裁量で進められる副業を育てることも重要です。

価値を考える

そして「価値」を考えることの大切さに改めて気づきました。子どもの習い事としては、プールもバスケも陸上もどれも実績があり信頼できるクラブでした。

プールは発達に良いと聞いてチャレンジしましたし、バスケは子どもというより私が好きでした(本人の意思というより、私の影響でやりたいと言ってしまっていた)。まずやってみることは当然いいことですが、その後子ども本人にとっての価値を得られているか評価することが最も重要です。

ベネッセのチャレンジは良い教材ですが、私の子どもにとっては直接学習に関係のない情報が多すぎました(人気キャラクターだったり、多様な付録)。私たちにとっては小学校進学に向けての準備という目的が果たせればOKでフリーの教材で充分です(ネットには無料で質の高いプリントがたくさんあります)。

必ずしも高いお金を払えば成果が出せるのではなく、お金をかけなくてもその人にあった選択をすることで価値が得られます。

まとめ

冷静に見ると当然のことでも、子育てになると余裕がなくて何がなんだか分からなくなることが多々あります。苦戦しながらもチャレンジし続けることで、結果如何にかかわらず学ぶことがたくさんあります。

・自分で決めることは大切
・「価値」そのものを考える必要性がある

「必要なこと」と「行動」を一致させる。シンプルなことですが難しく、大切なことです。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!