家計・家事

お金が不安ならまず「見える化」!倹約へのステップは家計簿から

読みに来てくれてありがとうございます!
キングジョーです!今日も小金持ち目指してコツコツ活動していきます!

倹約初心者はWEBで溢れている倹約テクニックは一旦置いてください。倹約には家計簿を続けることが必須です。

この記事は「お金の流れを見える化してお金の不安を無くしたい」方向けの記事です。

結論:
・倹約やライフプランニング、お金の不安を無くしたいなら「見える化」が必須
・家計簿は「家計簿をつける目的」が大切。ツールは最低限の機能があれば正直なんでも良い
・あえて言うなら、シンプルで続けやすい家計簿アプリzaimがオススメ

 

なぜ家計簿つけるのか

家計管理の目的は「見える化してお金の不安をなくすため」です。どのくらい稼いでいて何にお金を使っているのかを把握して、価値観にあったお金の稼ぎ方・使い方をしているかチェックできます。チェックの結果、課題をピックアップして対処していけば必ず家計は改善できます

倹約するには「見える化」が必須です。見える化しないで倹約に取り組むのは「バスケのルールもチームメイトも作戦も知らないままNBAのコートに立つようなものです」(伝わらない)

家計簿で見えるもの

家計簿を運用することで、最低限見たいものは大きく3つです。

1)生活費
家賃、水道光熱費、通信費、食費、衣服費、医療費、学費、など
これが見えると「いくらあれば最低限生きていけるか」が把握できます。

2)ゆとり費
無くても生きてはいけるけど、心を豊にするために使いたい費用です。
飲み代や交際費、旅行費用、趣味費、プレゼント代、など
ここは上限や優先順位をつける必要があります(思うままに浪費すると破綻するため)。

3)総資産額
現金、貯金、株式、不動産、退職金、など
これは「今いくら持っているのか」がわかります。

例えば、総資産額と生活費が把握できると「今の資産があれば最低限どのくらいの期間生きていけるか」がわかります。

オススメ家計簿アプリ

どんな手段で家計を管理するかより前述の目的が大切です。とはいえ、簡単に家計管理できる方が良いです。家計簿をつける作業こそパワーをかけずにやりたいですね。我が家は5年ほど家計簿アプリzaimを使っているのでご紹介します。

zaimを使い出した経緯

「とりあえず仕事がんばってるとお金はなんとかなるでしょ!」というノリで独身時代から初めての子が生まれるまで金銭感覚がおかしくなっていて「このままでは子どもを養えず飢えてしまう」との危機感から、家計簿を管理することにしました。そこで、5年ほど前、当時すでに一般的によく使われていた家計簿アプリzaimを我が家でも使い始めました。

zaimとは

必要とされている家計簿アプリ一連の機能を備えており無料で利用することができます。他に有名どころな家計簿アプリは「マネーフォワード」「moneytree」などがあります。正直どちらを選んでもいいと思いますが、家計簿は続けることが最優先だと思っているので、個人的に「見た目がシンプルで使いやすい」と評判のzaimをオススメします。

zaimの概要

・無料(複数アカウント運用、広告が出ないなどのプレミアム版は月額480円。無料で十分)
・簡単入力(レシート撮影も可能:精度が高くて明細まで読み込めることが多いです)
・支出自動記録(クレジットカード、銀行口座、電子マネーと連携)
・グラフ自動生成
・PC/スマホアプリ利用可

他にも、家族間で家計簿を共有できたり、定額サービスチェック、給付金や特売情報をチェックする機能があります。

zaim:公式サイト

 

家計簿Zaim
家計簿Zaim
開発元:Zaim Inc.
無料
posted withアプリーチ

まとめ

家計簿は「とにかく記録を続けること」が一番大切です。100点を目指さなくてもいいので、とにかく運用してください。家計簿で収支の見える化ができると倹約や貯金や投資などお金に対する考え方も変わってくるのではないでしょうか。実際、私自身がムダに気づくことができて改善を積み上げています。

倹約についてのまとめ記事はこちらご参照ください。

 

人生の満足度を上げる!!「具体的な倹約方法8選」〜月15万円の浪費削減に成功!ストレスフリーな生活を目指す〜読みに来てくれてありがとうございます! ”じょう”です!今日も小金持ち目指してコツコツ活動していきます! この記事は倹約して...

 

生活の満足度を下げずに倹約する方法はたくさんあるので、ぜひやってみてくださいね。

最後まで読んでくれてありがとうございました!!