仕事

【勉強しない人は後悔します】音声学習のメリットとおすすめ無料アプリ5種類

読みに来てくれてありがとうございます!”じょう”(@kingjoedesuyo)です!

勉強が大切なことは知ってるけど、勉強する時間がないよ

という方に読んでほしい記事です。

この記事のテーマ:

【勉強しない人は後悔します】音声学習のメリットとおすすめ無料アプリ5種類

この記事を読むと
・なぜ勉強が必要なのか?
・音声学習とは何か、メリットやデメリット
・無料の音声メディア
について理解することができます。

私は、平日/休日問わず1日に2時間は勉強しています。私は何者かというと、3児のパパ、共働きサラリーマン、大手システムベンダーのプロジェクトマネージャーであり、副業もしています。普段は仕事だけしているのではなく、もちろん家事や育児もやっていますし合わせて筋トレや自家製野菜を育てています。そして現在は、更に並行してマイホーム建築を進めています。

毎日すごく忙しいし、「今日は時間あるなぁ」なんて思ったことは数年ありません。でも、思考停止せずに勉強はしています。家事(料理、食器片付け、掃除、洗濯もの干し・たたみ)、筋トレ、ランニング、農作業、通勤、一人で何かしていて耳が空いている時は全て音声メディアで情報収集や学習しています。1日2時間で、1年だと730時間になる計算です。知識量に差が出ないわけがありません。

忙しいからといって勉強することを諦めないでください。すぐにでも音声メディアでの「ながら学習」をはじめましょう!!

そもそもなぜ勉強するの?

結論から書くと、年収が高い人ほど勉強している割合が高いからです。理由は、能力が高い人が比較的収入の多い仕事を手がけやすいからです。

ビジネスマン向け雑誌、プレジデントが1000人のビジネスパーソンにアンケートした結果は以下です。

引用:図PRESIDENT Online(2012.8.13号)

年収が低い人ほど、オレンジの「■0〜2時間未満」の割合が多くなっていることがわかります。

やるべき仕事の量は、一般的に高年収層の方が多いはず。にも関わらずなぜこんなにも勉強しているのでしょうか。

お金持ちは必ず勉強していると思っていい

お金があると、場所・時間・人間関係・仕事などの選択肢が増えて、自由度が上がります。ここで重要なのは、

勉強すればお金持ちになれるとは限らないが、お金持ちは必ずと言っていいほど勉強している。

ということです。資本主義社会だと、賢い人が、そうでない他人からお金を稼ぐ仕組みになっています。しっかり勉強して、情報・知識・知恵を高めておくことが重要です。無知がもたらす損失を考慮すると、勉強にかかる労力や時間、お金は利益が大きいです。また、知識はお金とは違って一度習得すれば一生奪われないメリットもありますので、社会人こそ勉強しましょう!

どれだけ人より多く勉強できるか。

というのが資本主義社会だし現代です。総務省実施の平成28年社会生活基本調査では、日本の社会人の平均勉強時間は1日6分という世界的に見てダントツ低い結果でした。でも、これはチャンスです。多くの人が勉強しないので、勉強するだけであなたは差別化できます。

音声コンテンツの波と「ながら学習」

断言します。

これからは「ながら学習」が一般化します。

従来は、時間をとって机に向かって学習することが普通でしたが、何かをしながら並行した学習するスタイルも、学習方法の一つとして確実に普及します。

音声メディアって何?

そもそも音声メディアとは何かというと、文字通り”音声で発信できるメディア”を指します。音声配信サービス、ボイスメディア、音声コンテンツと呼ばれたりもします。

日本でも注目されているポッドキャストも、音声メディアのうちの1つです。イメージでいうと”音声版YouTube”のようなものです。

音声メディアのニーズが拡大している最大の要因は、AppleのAirPodsのような完全ワイヤレスイヤホンやスマートスピーカーが普及し始めたからです。手軽な再生環境が整ったことで、歩きながら、働きながら音声コンテンツを聞けるようになりました。実際、公共交通機関の車内では完全ワイヤレスイヤホンを着けている人が最近多いですよね。

音声コンテンツの特徴は、画面見続ける必要がある動画コンテンツと違って、「ながら聞き」ができることです。動画の場合、時間を確保するか、通勤中や食事中、休憩中などでしか視聴できなかったのが、音声なら、寝ている時間以外を全て可処分時間(自由な時間)に変えられます。

私は、家事、通勤、筋トレ、散歩、ランニング、農作業…目や手や体を使っている時でも「耳が空いている時は必ず」音声コンテンツで学習しています。

学習って何しているかというと、私だと、ビジネスで気になっている領域の配信(タイムリーなものだとマーケティングや投資、マネーリテラシーなど)、著名人がおすすめするビジネス本の解説、ITや経済のニュース、などの情報をとっています。

米国の調査会社であるEdison Researchによれば、米国における音声コンテンツのリスナー数は年々増加していて、2020年はアメリカ総人口の58%(1億9千万人)が音声コンテンツを聞いているとのことです。日本国内においても、2020年は2千万人が音声コンテンツを利用したとされ、2021年から急成長されることが予想されています。

メリットやデメリットについてもまとめておきます。

メリット

・音声なので両手があく
・隙間時間を活用できる
・勉強のハードルが低い
・勉強のストレスが溜まらない
・反復することで記憶に定着できる
・音声をイメージすることで脳が活性化する

デメリット

・ワイヤレスイヤホンが必要(なくても聞けはするがほぼ必須)
・慣れないうちは音声に集中する必要がある

音声メディアの5サービスを比較

一口で音声メディアと言っても、特徴はサービスによっていろいろあります。代表的なサービス5種をピックアップしてご紹介します。

Voicy(ボイシー)

Voicyは様々なジャンルを配信するプラットフォームサービスです。配信は誰でもできるわけではなく、Voicy独自の基準で合格したパーソナリティだけが配信できます(Voicy配信できることは一つのステータスだったりします)。

stand.fm(スタンドエフエム)

誰でも、どこでも、スマホひとつで気軽に収録から配信までできる音声配信アプリです。 2020年8月20日に発表した資金調達リリースから約1ヶ月間で、アクティブユーザーは180%増、滞在時間は15分増の平均75分に到達するなど、注目の音声メディアです。

Himalaya(ヒマラヤ)

Himalayaは1回10分の音声コンテンツをラジオ形式で配信する音声メディアです。「生活・暮らし」「エンタメ・お笑い」「ビジネス」「社会・文化」など、様々なカテゴリに分かれていて、他の音声メディアに比べると、特定のテーマについて学べる講座形式のコンテンツが多いのが特徴です。

Clubhouse(クラブハウス)

最近ものすごく話題になっているアメリカ発の音声プラットフォームです。「音声版Twitter」と呼ばれ、「世界と一瞬で繋がれた感覚」「真のインターネット」などと称賛する声も出ています。

Clubhouseはアメリカ・サンフランシスコのベンチャー企業「Alpha Exploration」が2020年春にリリースしています。現時点ではiOSアプリのみに対応で、しかも1人あたり2人までの招待制になっているため、ユーザー数は限られています。今後はAndroid版の開発や、クリエイターが収入を得られる仕組みも検討中で、爆発的にユーザーが増えることになるかもしれません。これからの動向を要チェックです。

Clubhouseは別途記事をまとめました↓

【実際触ってみた】注目の音声SNS『Clubhouse』に感じる可能性読みに来てくれてありがとうございます!”じょう”(@kingjoedesuyo)です! 最近、 とくじけてたら ...

番外編:YouTube

意外と見落としがちなのが、YouTubeも音声コンテンツとして視聴できます。最近特にビジネス系のYouTubeチャンネルは、音声視聴を意識して音声のみでも理解できるように作られている動画が多いです。YouTubeコンテンツのながら学習も活用してみてください。

ワイヤレスイヤホン

私が使っているワイヤレスイヤホンは以下です。

妻はこれです。

もちろん王道Appleから発売されているAirPodsでもいいですし、もっと手頃なのでも全然使えると思います。コストを抑えたいなら個人的にはメルカリとかでもいいと思います(未使用品とかも結構あります)。

まとめ

まとめると、今日の話しのポイントは以下です。

・どれだけ人より多く勉強できるか。というのが資本主義社会。多くの人が勉強しないので、勉強するだけで差別化できる。
・今後は音声コンテンツによる「ながら学習」が一般化する。
・音声なら、手や体を使っている時でも”耳”を使って学習できる。
・音声メディアはいろいろあるので、まず使ってみて自分に合ったものを探す。

 

すぐに行動することが大切です。今すぐ勉強する環境を整えて学習をはじめましょう。コツコツやることで必ず”余裕のある暮らし”に繋がります。

補足:腰を据えて学習したい人にオススメ

「音声メディアのような自由な配信でなく、すき間時間に体系立てて学習したい」という方には、オンライン学習がおすすめです。代表的な2つのサービスを貼っておきます。

Udemy

世界最大級のオンライン学習サービスです。ジャンルが豊富で講座数は10万講座を超える圧倒的なボリュームです。コスパがすごいです(1講座あたり数千~数万円程度で実践的なスキルアップが可能)。
●Udemy:公式

formie

ビジネスとかがっつりじゃなくて、美容、健康などの知識を学びたいならfomieがおすすめです(日本最大級)。最近だと「スポーツフード」「心理カウンセリング」「スキンケア」「食育」が人気のようで、特に女性におすすめです(何かを深く知ることで新しい自分になったり、自宅サロンでプチ起業をしたいなどスキルアップや副業・独立に前向きな人)。
●formie:公式

最後まで読んでくれてありがとうございました!!